BIDEMICS Type-S鋼加工専用 | BIDEMICS

鋼を1000m/minで削る

誰も到達したことのない未知の領域へ
共に未来を創る挑戦者募集します

NTKは鋼を切削速度1,000m/minで加工でき、かつ一滴の切削油も使用しない工具材質の開発に取り組んでいます 

紹介動画

モノづくりの現場にお届けしたい価値

  • 高速切削による生産性の向上を通した製造コスト削減、設備投資費の有効活用
  • 切削油を使用しないDRY加工による環境負荷の削減
  • 枯渇性資源(タングステンカーバイド、コバルト等)への依存度を低減することによる長期的な安定供給 

こんな企業様、団体様をお待ちしています

加工時間を短縮したい
DRY加工を取り入れたい
鋼ワークの旋削加工をされている
テスト加工にご協力いただける

製品化ロードマップ

マイルストーンである Vc=500m/minにて加工できる工具材料の開発に成功しました

切削速度1,000m/min

実現したいのは、鋼を切削速度1,000m/minという超高速で加工できる工具の実用化と、それによるモノづくりの現場の生産性向上です。
 

枯渇性資源の消費削減

枯渇性資源(Wc-Co使⽤量/ 再研磨)
環境問題(⾼能率/DRY切削)
 

最大40%生産コスト削減

 

100%切削油コスト削減

 

400m/minでの粗加工:現時点性能

高速粗加工を想定した際の耐摩耗性能評価
 

500m/minの仕上加工:現時点性能

高速仕上加工想定した際の耐摩耗性能評価
 

加工事例

シャフト加工
被削材:
S45C
加工部位:
Φ65×143
取り代:
約2mm
形状:
CNGG120408
BIDEMICS Type-S は、CVD 超硬に対し、圧倒的な加工時間の短縮が可能です。
(当ケースでは寿命延長の効果も観られた)
 
 

ダウンロード