Beyond ceramics, eXceeding imagination セラミックスのその先へ、想像のその先へ。

加工現場で実際に機械を使うお客様の気持ちや思いを大切にしたい。
「NTKはわかっているよね!」と言ってもらえることが一番うれしい。
これからもお客様に喜んでもらえる製品やサービスを提供していきます。

太田雅和

Masakazu OtaCorporate Officer Cutting Tools Div.
General Manager

VISION

Beyond ceramics, eXceeding imagination セラミックスのその先へ、想像のその先へ。

加工現場で実際に機械を使うお客様の気持ちや思いを大切にしたい。
「NTKはわかっているよね!」と言ってもらえることが一番うれしい。
これからもお客様に喜んでもらえる製品やサービスを提供していきます。

太田雅和

Masakazu OtaCorporate Officer Cutting Tools Div.
General Manager

VISION

将来、社会と繋がりのある
「こうなっていたい」

モノづくりが生み出す 楽しさ、嬉しさ、時には辛さ。
これらを通して感じる仲間との一体感と達成感。
モノづくりを通して味わうことのできるこの醍醐味が
100年先も味わえる世界であって欲しい。

ビジョンを達成するために
我々NTKはこの2つに挑戦し続けます

  • モノづくりの現場に恒久的な安定
  • 次世代のモノづくりへと繋がっていく新しい価値の提供

HISTORY

自動車部品加工業界に
革命をもたらしたセラミック工具

1958年 セラミック工具の販売を開始。
当時、鋳鉄部品である自動車用ブレーキディスク加工には超硬工具の使用が一般的でした。
自動車生産台数が増加し、より大量の部品が求められる状況下、セラミック工具の販売を開始。
加工条件を大幅に上げることができ、部品生産の効率化を実現。
日本の自動車産業を陰で支えてきました。

ITの普及をバックアップした
CNC自動旋盤用工具

1992年 CNC自動旋盤用工具の販売を開始。
パソコンやOA機器等の普及に伴い、それらに使用される精密部品への需要が高まりました。
そうしたニーズに応えるため、他社に先駆けてインサートを交換式にしたCNC自動旋盤用工具を発売。

今までの超硬合金をロー付けしたタイプの工具とは違い、 「刃先研磨時間削減」、「加工ワーク寸法の安定」、「コーティング付インサートによる長寿命化」を実現。
それにより精密部品生産の効率化を実現。 社会のIT化を陰で支えてきました。

拡大する航空機市場にインパクトを与える、
まったく新しい工具、BIDEMICS誕生

2015年 耐熱合金加工用工具BIDEMICSの販売を開始。
更なる拡大が見込まれる航空機需要に応えるために、 エンジンメーカーは、ますます多くの部品をより効率的に作る必要がありました。
航空機のエンジンに主に使われる耐熱合金は、非常に加工が困難であり、 主流であったウィスカセラミック工具でも、5分おきに工具を交換する必要がありました。

NTKは従来ウィスカセラミック工具に比べ2倍の加工寿命を実現する新工具「BIDEMICS」を開発。
加工速度の高速化も実現し、航空機部品生産の高能率生産を実現。
世界の航空機産業を陰で支えてきました。

ABOUT NTK

今日のNTK CUTTING TOOLS

現在、NTKの切削工具は世界11ヶ国に置かれた拠点から世界中のお客様にお届けしています。
1958年にセラミック工具の販売をスタートして以来、その領域を広げ、現在では耐熱合金加工用のBIDEMICSや、 CNC自動旋盤用工具のスイスツーリングといった高能率・高精度加工に貢献する商品を展開しています。

サポート体制

世界中の加工現場でNTK製品を安心してお使いいただくための販売網とフォロー体制。
切削工具を実際に使用する方々が本当に必要とする製品とサービスを営業部・技術部・製造部・品質管理室一体となって提供していきます。

開発

コーポレートメッセージである 「Beyond Ceramics, Exceeding Imagination」、NTKの切削工具もこのメッセージの具現化を目指します。
セラミック工具やスイスツーリングで培ってきた経験と技術を活用し、これまでにない材料や製品の開発を続けていきます。
鋼を切削速度1000m/minで削ることを目指した「BIDEMICS Type-S(開発中)」をはじめ、NTKの新しい挑戦にご期待ください。

品質管理

切削工具も工業製品である以上、多少のばらつきが生じます。そのばらつきを極限まで小さくすることで安心を届けたい。
NTKでは開発部門、製造部門、品質管理部門が一体となって日々の改善を続け、高い品質で高精度な製品をお届けいたします。